冬の雪道はこわいですよね(´・ω・`)

最近は関東でも積雪が多くなり、その度に事故のニュースを見ることが多くなったと思います。

本当はスタッドレスタイヤに履き替えるのがベストなんですが、そうは言ってもなかなか費用が工面できないなぁって感じている人も多いハズ。

本来は「サマータイヤなら運転するべからず!」って言ってしまいたいんですが、そうできない人も多いと思います。

そこで、ぜひとも準備して頂きたいのがタイヤチェーン。

タイヤチェーンにも種類があって、用途別や使いやすさから、ランキング形式でお伝えしたいと思います!(^^)!


タイヤチェーンは大きく3種類に分けられる

どれも同じに見えますが、実は大きく分けると3種類に分類できます。

  1. 金属チェーン
  2. 非金属チェーン
  3. ゴムチェーン

この3タイプですね。それぞれの特徴をご説明いたします。

安定感抜群!金属チェーン

チェーンと言えばこれを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。 昔からあるタイプで王道のタイヤチェーンです。 
~メリット~
  • しっかりと摩擦力を確保できるため、走行が安定する。
  • 価格が安価で入手しやすい

というメリットがあります。

しかし、あまり積極的に使う人がいないのにはデメリットも大きいからです。

~デメリット~
  • 装着方法が難しい(車を動かしたりしなければならない)
  • 乾燥路面では金属と道路の摩擦で切れてしまう。
  • 制限速度が30km以内でしか使えない
まずは装着方法が面倒。

装着するにはチェーンを広げて、その上に車を移動。チェーンに乗ったらしっかりつけるという手順を踏みます。もちろん外すときも同じ手順。

ですから、慣れるまでに相当苦労するんですよね。

それと、圧雪など、アスファルトが露出していない状況でしか使えないのも難点。もし、アスファルトが露出していたら簡単に切れてしまいます。

意外に知られてないのが制限速度が30kmだということ。これ以上の速度で使うとあっさりチェーンが切れます。

ここがよくあるクレームになりますね。

もちろん、説明書には記載しているんですが、読まない人が大半ですし、販売員の方も、説明義務はないので、伝え忘れることもあります。

このことから、関東で使用するのはかなり不向き。どちらかと言えば営業車や豪雪地帯に住んでる方が好んで使うタイプになります。

バランス感抜群!非金属チェーン

金属チェーンの取り付けしにくいというデメリットを改良したのがこのタイプ。

~メリット~
  • 装着が簡単(なれると1分ほどで付けられる)
  • そこまで高価ではない。
  • 重量が軽いので、女性でも扱いやすい
おもにプラスチックやアルミなど、軽い素材でできていますので、装着も比較的簡単ですし、車を移動しなくてもつけれるのが最大のポイント。

ですが、こちらもある程度デメリットはあります。

~デメリット~
  • 制限速度は金属チェーンと同じ30km
  • 摩擦力は金属チェーンにかなわない。
  • 耐久性は低いため、金属チェーンより切れやすい。

非金属とはいえ、摩擦には弱いので、制限速度は金属チェーンと同じ30km。

また、耐久性は金属チェーンより低いので、長時間使用には向いてないというのがあげられます。

ただし、装着が非常に簡単にできるので、しっかりと使用方法を守れば金属チェーンよりも使いやすいのは間違いないです(^^♪

使用感ナンバーワン!ゴムチェーン

最後に「ゴムチェーン」です。

文字通り、ゴムをメイン素材にしていますので、耐久性はナンバーワン。さらにチェーン特有の走っているときのゴツゴツ感が一番少ないタイプです。

~メリット~
  • 制限速度が50km
  • 耐久性が高く、ある程度アスファルト走行しても問題ない。
  • 慣れれば装着しやすい。

金属、非金属とは一線を介し、速度が50kmまで出せるのはかなりのポイントです。実際は凍結、積雪路面でそこまで出さないですが、速度を気にせず運転に集中できるのはいいですね。

また、耐摩耗性も高く、壊れにくいので、長期使用もできる優れものです。

~デメリット~
  • 初めての装着でかなり力が必要。
  • 価格が高め。
  • かさばるので、収納性は難あり。

デメリット部分として、ゴム製のため、装着時には力が要ります。

ケースから出したばかりだと、いわゆるクセがついていますので、それを直しながらの装着になるからです。

ただし、何度か使えばクセも取れますので、あまり気になることはないかも。

あと、価格は3タイプ中一番高いです。

これも、試用期間を考えれば圧倒的にゴムチェーンの方が長く使えるので、考え方を変えればそこまでの金額ではないかと思います。


管理人お勧め!タイヤチェーンがこれだ!

上記の性格も踏まえたうえで、管理人が選んだ商品がこちらになります(^^♪

~第5位~

creer-net_yj-112

雪道楽 ラダータイプ モーストプライス

定番のラダータイプです。その名の通り、はしごのような形をしているのが特徴ですね。

このタイプは、チェーン本数が比較的少ないので、取り付けがしやすいのがメリットとしてあげられます。
始めてタイヤチェーンを使うって人にはおススメの商品ですね。


~第4位~


w-class_kno20

亀甲型タイヤチェーン W-class

こちらは亀甲型と言われるチェーンです。ラダータイプに比べ、少し取り付けに慣れが必要ですが、横滑りにも強いのがこのタイプのメリットです。

早朝の出勤など、通勤で車を使うなら、このタイプの方が安定して運転できます。


~第3位~


autosock_1

オートソック モーストプライス

チェーン業界の新星!。なんと布でできたチェーン?です。

取り付けはチェーンのなかでもダントツに簡単。かぶせるだけでOKです。

ただし、あくまで緊急用としての性能ですので、つけたまま100km走行とか通常走行には向いていません。

それでも、関東付近で、いざという時のために車に積んでおくと驚くほど安心できますので、備えという意味ではお勧めになります(^^♪

~第2位~


tireshop4u_ecomesh2-fb14

エコメッシュ ゴムチェーン TIRE SHOP 4U

雪国への旅行など、高速道路を想定した使い方でしたらゴムチェーンが相性抜群です。

金属チェーンはその特性上、アスファルト路面では使っちゃだめですよという扱いなのですが、ゴムチェーンなら、路面状況が変わる高速道路でも、付けたまま走れるというメリットがあります。

初めて取り付ける場合には、比較的コツが必要ですので、出発前にあらかじめ装着の練習をしておくことをおすすめします(^^♪

~第1位~


autowork_4973007794028

バイアスロン ゴムチェーン AUTO WORK

ゴムチェーンといえばこれ!というくらい不動の人気なのがバイアスロンシリーズ。

こちらはなんと取り付けの説明DVDまでついているのがポイント。

説明書だけではわかりづらい取り付けですが、実際に映像で見ることによって、分かりやすくなっているのがいいですね。

慣れるとものの数分で1本取り付けできるようになりますから、しっかりと練習してみるといいと思います


商品の性格をしればチェーンは簡単

いかがでしょうか?

一口にタイヤチェーンといっても様々な種類があって、どれを選べばいいか悩んでいた人もいると思います。

管理人的には、緊急用で非金属タイプ。お出かけ用ならゴムチェーンという選択をお勧めします。

皆さんも、ぜひ、ご参考にしていただき、今年の冬は安全に過ごしましょう。