過去の記事で「エコファインはブリヂストンじゃない?」と推測しましたが、ココにきて新たな疑惑が浮上しましたΣ(゚Д゚)ちょっとしたお買い物でイエローハットさんとオートバックスさんのHPを見てたんですけど、そこで見つけてしまったんです・・・
「・・・じつはダンロップが作ってるんじゃない?」と・・・

あれ?この技術って確か・・・

まずは第一段階。以下の商品説明の技術説明を見てみましょう(*^^*)

ecofine_point_desc_01ecofine_point_desc_02

エコファインの説明です。まぁ、ふつう、技術面の説明しても、一般ユーザーさんは分かりませんよね?これを見てもちんぷんかんぷんな人の方が多いと思います。

ですが、まぁ、なんとなくちゃんとした技術なんだなぁくらいは分かりますよね?
では、上の商品説明を見ながら次のをご覧ください。

エバーロード
eba-ro-do 05

なんか、おんなじような説明ですね?特にプロファイル(タイヤが断面になっている図)と言われる、サイドウォールの剛性なんかを考えるところは同じですね。

はい、これなんのタイヤの商品技術説明だと思います?
実は「マックスラン エバーロード」ですΣ(゚Д゚)

エバーロードに関しては、先日、オートバックスの店員さんからダンロップで作ってますと聞きましたので、ほぼ間違いなくダンロップでしょう。と、いうことは、この技術はダンロップさんが使っている技術ということになります。

ここで、もう一度エコファインの説明をみてみましょう。

ecofine_point_desc_02

・・・(´・ω・`)・・・一緒じゃない???

プロファイルって基本的にメーカーさんが特許とか取って自分の技術を使いますので、この情報からだとエコファインもダンロップで製造という線が非常に高くなります。




 

見た目は違えど、実は中身は同じ??

ここで、製造メーカーが実は同じということがほぼ決まってきたのではないでしょうか。ということは、
「エコファインもエバーロードも中身はほぼ一緒」という衝撃の答えになってしまうのです。 

まぁ、実際はコンビニとかでもよくある出来事なので、あまり問題でもなんでもないんですけどね。
こうなってしまうと、実はどっちがいいって話は意味をなさないので、お好きな方をどうぞってなってしまいますねw

実際はこちらの記事でもお伝えした通り、性能以外でエバーロードの方が選びやすいなとは思います。
どちらにしても、国産タイヤには間違いないので、維持費を抑えたい人にはチェックして頂きたいタイヤ達ですね(*^^*)

「エバーロード」はオートバックスドットコムで確認できます(*^^*)